矯正歯科について
矯正歯科とは 目立たない歯列矯正 治療プロセス 歯列矯正が必要な代表的な歯並び
症例:外科手術が必要な下顎前突症(顎変形症)の患者さんです。

下顎の正中は左側に大きく偏位しています。
骨格性の下顎前突症。前歯部が重度の開口状態です。
ガタツキは少なく、上顎前歯の歯軸傾斜角をみても大きな唇側傾斜はありませんでした。よって、非抜歯治療で行いました。
アンテリアルレシオでは、上顎前歯が下顎より少し小さいということなので、オーバーバイトは少し浅めでフィニッシュしました。
動的治療期間(マルチブラケット装置装着期間)は、1年6ヶ月でした。
この方は結構早く治療が終了しましたが、顎変形症の患者さんには本来2年半から3年程度の動的治療期間だと説明しています。
横顔の口元のラインもきれいになりましたね。