矯正歯科について
矯正歯科とは 目立たない歯列矯正 治療プロセス 歯列矯正が必要な代表的な歯並び
症例:叢生・でこぼこ

上顎歯列のがたつきが強く、下顎の歯列幅径が広いため、前歯の咬み合わせが浅い開口傾向の患者さんです。
成人でがたつき(叢生)が強い患者さんは、非抜歯で治療しても後戻りする傾向が強いので診断には注意が必要です。
口唇の前突感と後戻りを考慮して抜歯治療を行いました。
抜歯治療は非抜歯治療より期間がかかると思われますが、動的治療期間は1年10カ月です。