矯正歯科について
矯正歯科とは 目立たない歯列矯正 治療プロセス 歯列矯正が必要な代表的な歯並び
症例: 叢生 の治療写真

混合歯列期(小学生)から治療を行った患者さん。
この時期は歯槽骨がまだ成長期ですので顎を拡げることができます。
協力度が良く可撤式の装置を毎日着けてもらい上下顎歯列を拡大し、永久歯列期(12歳頃)からマルチブラケット装置で噛み合わせを整えました。
マルチブラケット装置に移行後、1年半で終了。上顎の第二大臼歯の萌出は経過観察していきます。

治療前

治療前

治療前

治療前

治療前

治療前
治療後

治療後

治療後

治療後

治療後

治療後