矯正歯科について
矯正歯科とは 目立たない歯列矯正 治療プロセス 歯列矯正が必要な代表的な歯並び
矯正歯科とは

歯並びがガタガタだったり、歯が出ている為に、思いきり人前で笑うことができない・・・。
素敵な笑顔のために、矯正はあります。

矯正とは…
矯正治療とは、八重歯や出っ歯、受け口などの悪い歯並びをきれいにする歯科治療です。
虫歯を削ったり、冠をかぶせたりする一般の歯科治療とは違い、悪い位置にある歯を顎の骨の中で少しずつ動かして、
正しい位置に並べ直します。
治療を行うと、自分の歯が正しい位置で美しく並び、しっかり食物が噛めるようになります。

こんな方は矯正が必要です

  1. 歯並びが不揃いである。
  2. 歯と歯の間に隙間がある。
  3. 奥歯でしっかりかんでも前歯が噛み合わない。
  4. 上下の顎(歯)が横にずれている。
  5. 歯がねじれている。
  6. 出歯や受け口。
  7. 物がよく噛めない。
  8. 発音がしにくい。
  9. 歯並びや口元の容貌に関して、精神的に気になる。

矯正治療は、子供の頃から始めるものと考えられがちですが、決してそうではありません。
歯を支えている組織が健康であれば何歳からでも治療は可能です。
しかし、成長期であればその成長を利用した治療ができるため、少しでも若い方が有利と言えるでしょう。

いいタイミングで効果的な矯正治療を行うためにまた、将来治療しなければならなくなる状況を未然に防ぐために早い時期に一度ご相談ください。

セルフライゲーションブラケット(摩擦が少ないブラケット)

ブラケットとは矯正治療に使う装置の一つで、歯とワイヤーを固定させるものをいいます。
従来のブラケットシステムは、ゴムや結紮線でブラケットとワイヤーを固定していましたが、セルフライゲーションブラケット(デーモン・クリッピー等)においては、ゴムや結紮線などで固定されていません。
ゴムや結紮線を使わないことにより、摩擦力が減少することから以下のメリットがあります。

リンガル

通常のブラケット(メタル)

サファイア(セラミック)

セルフライゲーションブラケット(クリア)

セルフライゲーションブラケットの優れているところ

  1. 血流を妨げないので歯や周りの組織に優しい。
  2. 歯の移動に伴う痛みが少ない。
  3. 通常のブラケットと比較した場合、治療期間が短縮される場合が多い。
  4. 歯を抜かずに治療出来る確立が高くなる。(ただし、非抜歯治療の場合、
    口唇の前突状態は良くなりません)
  5. 結紮線がないので清掃性が良い。(汚れがつきにくい)
目立たない矯正

装置が目立つのはイヤ・
仕事上、見えるのは問題があると思われている方のために、
装置が目立たない矯正、他人に知られずにキレイな歯並びを実現します。

目立たない矯正装置とは
通常の矯正治療では、表側に金属の矯正装置が付きますが、 「目立たない矯正」では、歯の裏側に装置を着けることや、 歯の色に近いセラミック装置や樹脂のような目立たない素材の装置を使うことにより、 誰にも気付かれないように治療を行うことができます。

◆リンガル(裏側矯正)
歯の外側に付ける装置を見えないように内側に付けることにより人に気付かれずに治療できます。

◆通常メタル
治療費も安く、金属の特性により薄くて丈夫な矯正装置ですが痛み、清掃性、見た目ではセルフメタルに劣りますので当院では現在取り扱っておりません。

◆通常クリア
歯の色に近いセラミック装置や樹脂のような目立たない素材の装置を使うことにより、目立ちにくく治療を行うことができます。

◆セルフメタル
通常メタルの装置より痛みが少なく、清掃性も良い装置です。
メタル希望の方はこちらをお勧めいたします。

◆クリッピークリア
セルフライゲーションブラケットの中でも、このクリッピークリアは組織に優しく、また目立ちにくいという点で優れています。セラミックと白っぽいメタルキャップにより強度もあります。
当院はこの装置を標準装置としています。一番のお勧め。

◆デーモンクリア
通常より弱い力をかけることにより短期間・小さい痛みでの歯科矯正を可能にしたセルフライゲーションタイプの装置の1つです。
クリアでも強度の問題から下半分はメタルの仕上げです。

リンガル
リンガル
通常メタル
通常メタル
通常クリア
通常クリア
通常メタル
セルフメタル
クリッピークリア
セルフクリア(クリッピー)
デーモンクリア
セルフクリア(デーモン)
インプラント矯正

ミニインプラントは、歯を動かす場合の固定源として使用します。
矯正治療後、ミニインプラントは外します。

インプラント
インプラント

インプラントを用いた矯正治療のメリット

  1. 治療期間の短縮。
  2. 顎間ゴムの装着時間を短縮できる。
  3. 困難な方向への歯の移動を行える場合がある。
  4. 骨切り手術を併用しないと矯正治療だけでは困難とされる症例を、手術なしで治療が可能になる場合がある。
抜歯治療と非抜歯治療について
■抜歯治療の場合
メリット
  • 上下の歯のバランスや口元(口唇の状態)のバランスが良くなります。
  • 骨格的に問題がある場合も、外科手術なしで治療できる可能性が高い。
  • 治療後、後戻りが少なくかみ合わせが安定しやすい。


デメリット
  • 歯を抜きます。

■非抜歯治療の場合
メリット
  • 歯を抜かなくても良い。


デメリット
  • 口元(口唇)の状態に大きな変化を期待できない。
     (歯のがたつきの強い方の場合口唇が前突する場合があります。)
  • 治療後、後戻りする場合があり安定しにくい。


◆非抜歯治療といっても親知らずがある場合には抜かなくてはなりません。
◆骨格的な問題が大きい場合は、外科手術を伴うことがあります。

抜歯治療の一症例
治療前 治療後

治療前1

治療前2

治療前3

治療前4


治療後1

治療後2

治療後3

治療後4

治療後5

治療後6